MENU
カテゴリー

クローズドベータテスト(CBT)推奨スペック

2020 4/28
クローズドベータテスト(CBT)推奨スペック

CBTの実施期間公式アナウンスにより
3月下旬から4月中旬に変更になりました。
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みという
企業として素晴らしい取り組みかと思います。
ちなみに、私の働いている企業では
コロナのコの字も出てこないです。

3/27追記
CBT開催期間決定!
4月23日(木)19:00~ 4月26日(日)23:59

4月中旬に行われるクローズドベータテスト
(以下、CBTと略す)での、
推奨スペックを見ていきましょう。

目次

CBT推奨PCスペック!

低画質中画質高画質
OSWindows 8.1/10(64-bit 日本語版) Windows 8.1/10(64-bit 日本語版) Windows 10 (64-bit 日本語版)
CPUIntel® Corei3-4340 Intel® Corei5-3330 Intel® Corei7-7700
メモリ8GB RAM 8GB RAM 16GB RAM
グラフィックカードNVIDIA® Geforce® GTX660(2GB)
AMD Radeon R7 370(2GB)
NVIDIA®Geforce® GTX960(2GB)
AMD Radeon R9 380(2GB)
NVIDIA® Geforce® GTX 1060(6GB)
AMD Radeon RX580(8GB)
HDD/SSD空き容量HDDまたはSSD 20GB以上HDDまたはSSD 20GB以上 SSD 20GB 以上
モニタ解像度1280 × 720 以上 1920 × 1080 1920 × 1080
インターネット接続ブロードバンドインターネット接続  ブロードバンドインターネット接続  ブロードバンドインターネット接続 
DirectX® DirectX® 11or12 DirectX® 11or12 DirectX® 12

上記の通り、
これがCBT推奨スペックとなります。
CaTのときから見比べると低画質の追加、
中画質の要求の向上といった形ですかね。

注意点!

CaTからCBTになった時のように、
リリース時には 中画質の要求スペック向上など
求められるものが高くなる可能性があります。
中画質ぴったりのものを買えば 中画質で遊べるというわけではないので 気を付けてください!

これらを踏まえて、どのPCを買っていけば
いいか確認していきましょう!
私はドスパラ PCをで購入していますので、
今回はそちらから!

推奨PC購入手順(ドスパラ)

まずこちら をクリックしてください。
そうしたら画像のようなホームページが
表示されるかと思います。
赤枠で囲ってあるゲーミングPCを
クリックしてください。

画面が遷移し、黒いページになるので
下へスクロールしてください。

おすすめラインナップが表示されるので、
今回は2位の赤枠のものをベースに
考えていきましょう。
ちなみに、私は 右横のGALLERIA ZTを
購入しています。 (購入日:2018/09/12 )

赤枠のクリックするとPCのスペックが
表示された画面が出るかと思います。

もうこの段階で最高画質の要求をクリアして
最低限プレイするなら全然問題ないですが、
財布に余裕があるならもうちょっと
カスタマイズしたいところです。

カスタマイズは下にある赤枠
「構成内容を変更する」をクリック!

本体構成画面が出てきたかと思いますので、
カスタマイズしていきましょう。

カスタマイズするうえで、
おすすめなものを選んでいきますが、
何故これなのかは申し訳ないですが、
長くなるので割愛しますね。

OS

項目が一つしかないのでこれで大丈夫です。

セキュリティー対策

デフォルトは30日になっていますが、
1年がいいかと思います。
(私も1年を選択しました)

オフィスソフト

Excelやwordといったものですね、
ほしいのであればチェックもいいですが
ゲームするだけならいらないですね。
(スプレッドシートの様な無料版もありますので)

ここからが大切ですね。

CPU

値は張りますが、
インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/8スレッド)がおすすめです。

性能的にも申し分なく値段もお手頃です。
ちなみに性能差はこんな感じ

CPUファン

項目が一つしかないのでこれで大丈夫です。

CPUグリス

高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7(20nmの超微細 人工ナノダイヤモンドパウダー含有グリス)
がおすすめです。

おすすめ表記もされてますしね。

グラフィックス性能

項目が一つしかないのでこれで大丈夫です。

電源

多少値が張りますが「玄人志向 700W 静音電源 (80PLUS TITANIUM / KRPW-TI700W/94+)」
がおすすめです。

メモリ

デフォルトのままで大丈夫です。

SSD

値段/性能的に Samsung 500GB SSD(860 EVOシリーズ, 読込速度550MB/s, 書込速度520MB/s, 3bit MLC)
がおすすめです。

ハードディスク/SSD

デフォルトで大丈夫です。
2TB埋まるなんてそうそうないです。

動画とか撮影する人は、
増やしたほうがいいかもしれません。

SSDは先ほど選択したので大丈夫です。

ハードディスク追加etc…

上の画像の6つデフォルトで大丈夫です。

フロントケースファン

項目が一つしかないのでこれで大丈夫です。

リアケースファン

項目が一つしかないのでこれで大丈夫です。

トップケースファン前部

14cm 静音FAN がおすすめです。

トップケースファン 後部

項目が一つしかないのでこれで大丈夫です。

サイドケースファン上部

CPUファンで「 静音パックまんぞくコース 」を選択しているのでなしで大丈夫です。

サイドケースファン下部

14cm 静音FAN がおすすめです。

サイドパネル

デフォルトで大丈夫です。

5インチオープンベイ

デフォルトで大丈夫です。

3.5インチオープンベイ

デフォルトで大丈夫です。

LAN

デフォルトで大丈夫です。

IEEE1394

デフォルトで大丈夫です。

標準キーボード

持っていないなら選択もいいですが、
個人的に別のものをおすすめしたいので
選択はしなくていいです。

標準マウス

キーボードと同じです。

無線LAN

無線ルーターとかあるので、
基本いらないかと思います。

マウス、キーボードの購入にお悩みなら
下記をご参照下さい。

あわせて読みたい
おすすめ周辺機器紹介(マウス、キーボード、モニタ等)
おすすめ周辺機器紹介(マウス、キーボード、モニタ等)今回は3年ほど私が使用している、周辺機器を紹介いたします。何を買えばいいか迷っている... という方の助けになれれば嬉しいです。【マウス: Logicool G502RGBh 】...

次にサービスの項目です。

セーフティサービス

正直お好みです。
自分で掃除とかやるのであれば必要ないです。

内部を開けるのが怖い、機械音痴すぎて
やばいって方はプラン加入がいいでしょう。

ちなみに私は付けていません。

延長保証

デフォルトでいいと思います。
私も1年です。

初期不良対応期間

項目が一つしかないのでこれで大丈夫です。

容量無制限のオンラインバックアップサービス

必要ないかと思います。
Googleドライブとかありますしね。

パソコン下取りサービス

下取りするものがあれば、
選択でいいかと思います。

初期設定をして出荷 / リカバリーメディア作成サービス

必要ないかと思います。
初期設定はGoogleなりで検索すれば
すぐ出てくるのでお金を出す必要は
ないかと思います。
どうしてもわからない場合は、
私のTwitterにDMくだされば頑張って教えます。

訪問をしてパソコン設置と初期設定

上に同じです。

データ復旧安心サービス

日頃からしっかりバックアップをする癖を
つけましょう!
なのでいらないです。

お疲れ様です!

あとは構成を確認して、
支払い手続きをすれば完了です。

以上になります。
ゲーミングPCを購入しているとはいえ、
特別PCに詳しいわけではないので
何かあればコメントください。

最後に!

正直、見たけどわからん意味不明ってかたは、
お気軽に私のTwitter
(@KUROKASHIRONE)までDM下さい。
平日日曜は午前、金土一日中時間があるので
相談に乗れます。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる